サプリメント

アミノ酸とプロテインの違い

アミノ酸とプロテインの違いはなんでしょう?
結構知らない方がいるのではないでしょうか?体つくりでどちらが有効なのでしょうかも合わせて理解していきましょう。

先ずはプロテインから。前回の記事で説明したように、プロテインと一言で言っても製法や種類があり、目的に応じた飲み方が有効であり、種類によって成分などにも違いがあります。そこで、一般的なプロテインとの比較で違いを説明します。

アミノ酸とプロテインの違い
アミノ酸はプロテインが胃の中に入って消化のプロセスを経て、分解された時にできる物質です。それが小腸に入り血流に乗り体に吸収されるのです。

プロテインが分解されるとアミノ酸になり、アミノ酸の結びつきにより皮膚になったり爪になったり、筋肉になったりします。

アミノ酸はこのプロテインが分解された物質なので胃での消化プロセスがないため、消化吸収がはやいのです。

吸収速度の違い

アミノ酸は約30分で体に吸収するに比べ、プロテインは、約2時間くらいかけて、体に吸収されます。ただ、プロテインにはビタミンミネラルなども入っているため、一概にアミノ酸の方が良いというわけではないのです。

アミノ酸と比べてのプロテインのメリット・デメリット

メリットはやはり値段です。手ごろに飲めて、たんぱく質以外の栄養素も摂れるところ。最近のプロテインにはBCAAも配合されているので、それもメリットの一つですね。
デメリットは吸収速度がアミノ酸に比べ遅いところですが、遅いのがメリットでもあるので一概にデメリットとは言えません。

アミノ酸のメリット・デメリット

メリットは消化吸収がはやいため、トレーニング前・中での素早い栄養補給ができること。朝起きた時の、胃がまだ寝ている状態での栄養吸収にもアミノ酸は優れています。
デメリットは値段が割高なこと。プロテインに比べ高いですし、血中のアミノ酸レベルを長く保つことができないので、結構飲まなくてはいけないので、コスパが高め。

総論を言いますと、、、、

目的にあった場面での使い方がよろしいかと。朝は総合アミノ酸、日中はプロテイン、トレーニング前はBCAA、トレーニング中はEAA、トレーニング後はプロテイン、寝る前プロテイン、みたいな感じで取るのもいいでしょう。

私自身は、このように使い方を分けています。このほかにもマルチビタミン、ミネラル、植物性ケイ素濃縮液、クレアチン、CD、HMB、なども合わせて摂取しています。

少しはアミノ酸とプロテインの違いを理解していただけたでしょうか?
どちらかを選ばなくてはいけないのであれば、以前ならプロテインを選びましたが、現在はアミノ酸を選びます。

理想を言えば、総合アミノ酸を水分補給にこまめに飲みたいです。
コスパが、かなりかかりますがあくまで「理想です」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. サプリメント

    アミノ酸とプロテインの違い

    アミノ酸とプロテインの違いはなんでしょう?結構知らない方がいる…

  2. サプリメント

    人工甘味料は筋肉にどんな影響を及ぼすのか

    最近では、スーパーやコンビニ至る所でカロリーゼロという表記の飲料物や食…

  3. サプリメント

    ダイエットとカルニチンの関係

    カルニチンの効果について、ダイエットに効果があるなど様々なことが言われ…

  4. サプリメント

    グルタミンについて

    ウエイトトレーニングを行っている人の中で、グルタミンを摂取して…

  5. サプリメント

    BCAAについて

    BCAAは、ウエイトトレーニングには欠かせない、サプリメントの…

  6. サプリメント

    クレアチンの正しい摂取方法

    以前も紹介しましたクレアチンですが、飲み方などを新たにアップデートしま…

最近の記事

facebook

  1. トレーニング

    休まないと筋肉は無くなる?
  2. サプリメント

    アルギニンの効果ついて
  3. トレーニング

    多彩なトレーニング理論
  4. サプリメント

    ミオスタチンを抑制することの重要性
  5. トレーニング

    飲酒・喫煙が筋肉にもたらす影響
PAGE TOP