ブログ

ジェレミーブエンディア2018年で現役引退

非常に残念なニュースが流れてきました。オリンピアメンズフィジーク4連覇中のジェレミーが現役を引退するというニュースです。
正式には引退するかも?というニュアンスではありますが、フィジークの立役者でもあるジェレミーがいなくなるのは非常に残念でなりません。

なぜ彼がこのような発言をしたのか?真相はわかりませんが、去年怪我をした影響もあるかもしれません。ジェレミーは昨年10月、ベンチプレスのワークアウト中に右大胸筋を断裂しました。その後、切れた大胸筋の手術を行い2ヶ月後にワークアウトを再開しています。

その影響もあってか、多くのネットユーザーから「ジェレミーは終わった」「筋肉の形が変わってしまった。」「オリンピアに間に合わない」など色々なことを言われてきました。右大胸筋断裂の影響から左手のみで支えるスクワットなどの動画が配信されると、さらに「身体が普通の人になってしまった!」などと言われたりもしました。




その時の様子がこちらです。約2ヶ月トレーニングをしていなかった為、かなり筋肉が落ちているのがわかります。スクワットをやっている姿も痛々しいですね。しかし、ここまで見た目が変わると精神的にも相当なダメージを食らうはずです。
しかし、ジェレミーは4度もオリンピアのタイトルを取ったチャンピオンであり、普通の精神力ではありません。
彼は力強くこのように発言しています。

「今年もオリンピアになる準備はできている。」「全く問題はない」
「賞金2万ドルをフィリピンに寄付する」

ジェレミーがフィリピンを訪れた際に、裸足のストリートチルドレンを見て大変ショックを受けました。ジェレミーは母国でもあるフィリピンの貧しい子供達のために基金を設立し、少しでも生活が改善できるようにオリンピアで勝っても負けても優勝賞金の2万ドルを寄付すると語っています。

そして現在のジェレミーがこんな感じ
上の写真が2017年8月22日
下の写真が2018年8月17日

確かに右大胸筋根元が少しえぐれているがひどく変わった様子はないように感じます。
コンディションもそこまで落ちていないので期待がもてるのではないでしょうか?

もし、2018年を最後に引退したとしたら、今後はどのように活動していくのでしょうか?
ジェレミーは現在オンライントレーナー事業を現在やっているので、それは続けて行くでしょう。そして、もう一つはアパレル事業。

以前は、live fitというアパレルブランドの広告塔(モデル)でしたが、その後vanquishのモデルを経て、現在はHERA×HEROのモデルを務めています。
このHERA×HEROはデザインが今までのフィットネスアパレルの中でもズバ抜けています。

会社の本拠地はアメリカです。このブランドの素晴らしいところはスポーティーでありカジュアルな所。日本にはまだ着ている人はあまり見かけませんが、これからかなり人気が出ると思います。ブランドロゴをタトゥーで入れるくらいですからジェレミーのブランド愛が伝わります。

ジェレミーがフィジーク選手を引退したとしても、まだまだフィットネス業界を盛り上げてくれることは間違いありません。そして、ジェレミーは今後クラシックフィジークに転身するかもしれないですし、ボディビルダーになるかもしれません。今後もこのフィットネス界のスーパースターから目が離せませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. トレーニング

    正しいスクワットのやり方

    スクワットはウエイトトレーニング種目BIG3の中の一つであるコンパウン…

  2. サプリメント

    アルギニンの効果ついて

    最近では、アルギニン配合の市販のエナジードリンクやサプリメントなどにも…

  3. サプリメント

    クレアチンとクレアルカリンの違いについて

    ウエイトトレーニングを行う方の中にはクレアチンを摂取している方も多いと…

  4. ブログ

    ボディビル新団体発足CJBBFについて

    日本のボディビルやフィジークでは日本ボディビル・フィットネス連盟である…

  5. ブログ

    日焼けで健康?

    「日焼け」とは2種類あることをご存知でしょうか?サンタンニングとサンバ…

  6. ブログ

    ジェレミーブエンディア(Jeremy Buendia)はボディビルダー?

    言わずと知れたトップフィジーカー、ミスターオリンピア4連覇(2018年…

最近の記事

facebook

  1. トレーニング

    基本的なトレーニングの重要性
  2. トレーニング

    コンパウンド種目と アイソレーション種目の違い
  3. トレーニング

    オールアウトの概念
  4. 筋肉理論

    パンプアップで筋肥大?得られる効果とは?
  5. サプリメント

    ミオスタチンを抑制することの重要性
PAGE TOP