サプリメント

アルギニンの効果ついて

最近では、アルギニン配合の市販のエナジードリンクやサプリメントなどにも多く見かけるようになりましたがアルギニンはどのような効果があるのでしょうか。

1・アルギニンとは何か。

171106_13_02

天然に存在するアミノ酸の一種であり体内での形成が可能です。しかし、体内で形成される量は少ないので体外から摂取する必要が少なからずあり、ウエイトトレーニングを行う方にとっては非常に重要なアミノ酸です。

アルギニンは、主に大豆類の食品や鶏肉や豚肉などの肉類からも摂取できます。

2・アルギニンの効果とは。

①成長ホルモンの分泌を促進
様々なホルモンを分泌する脳下垂体というところから成長ホルモンは分泌されていますが、筋肉成長や筋肉疲労回復に大きく貢献します。
この成長ホルモンの分泌を促進させるアミノ酸がアルギニンなのです。

成長ホルモンの分泌促進が高まると、筋肉以外にも肌のハリや髪・爪の回復などにも効果があります。
また脂肪燃焼効果にも効果ありです。

②NOブースターの役割もある。
アルギニンは、『NOブースター』の働きがあります。NOとは一酸化窒素の事であり神経伝達物質としての働きをします。血管拡張効果や動脈硬化、インスリンの働きも増強してくれます。

インスリンの働きが良くなると摂取した炭水化物やアミノ酸などの吸収を促進させます。

③免疫機能も向上効果がある。
アルギニンは、免疫細胞であるマクロファージを活性化させることができます。マクロファージというのは体外からのウイルスや細菌物質を食べてしまう白血球の一種です。

ダイエット中など免疫力が低下する状況ではアルギニン摂取はとても最適と言えます。

手術後などの免疫力が非常に低い時には、アルギニンが加えられた輸血が行われています。

④疲労回復効果
疲労にはいくつか種類があり筋疲労・臓器疲労・脳疲労があり、筋疲労は体内の酸性とアルカリ性のバランスが崩れるので起きます。

臓器疲労に関しては、エネルギー不足により起きます。脳疲労は、アンモニアの大量発生により尿素回路で処理しきれない状況になり血中にアンモニアが取り込まれるので全身にアンモニアが行き渡ります。

そして脳内の中枢神経を刺激この中枢神経が手足の末梢神経に活動を抑えるように指令を出すことにより体全体が怠いと感じるのです。

アルギニンは、肝臓内の尿素回路の働きを高めアンモニアを尿素に変え体外への排出を促します。
結果、疲労回復効果が高まります。

アルギニンの効果は筋肉の成長において重要ということがわかりました。

また摂取タイミングはある研究データによるとエクササイズの60分から90分前に6グラムを摂取すれば最大限に効果をもたらすことができると述べられています。

アルギニンを摂取していない方はBCAAなどと合わせて摂取してみてはいかがでしょうか。

http://cp.glico.jp/powerpro/amino-acid/entry12/
http://www.dnszone.jp/index.php

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ブログ

    ジェレミーブエンディア(Jeremy Buendia)はボディビルダー?

    言わずと知れたトップフィジーカー、ミスターオリンピア4連覇(2018年…

  2. トレーニング

    正しいスクワットのやり方

    スクワットはウエイトトレーニング種目BIG3の中の一つであるコンパウン…

  3. ブログ

    「疲れが抜けない」は危険信号?

    体の不調、食欲不振、慢性的だるさなど、季節の変わり目や環境が変わったと…

  4. サプリメント

    BCAAについて

    BCAAは、ウエイトトレーニングには欠かせない、サプリメントの…

  5. サプリメント

    クレアチンとクレアルカリンの違いについて

    ウエイトトレーニングを行う方の中にはクレアチンを摂取している方も多いと…

  6. サプリメント

    HMBの真実

    ウエイトトレーニングを行う方の中にはHMBを摂取している方も多いのでは…

最近の記事

facebook

  1. 筋肉理論

    筋肉には水分補給が重要?
  2. 筋肉理論

    筋肉が多いと短命?
  3. トレーニング

    たくさん食べないと大きくなれないのか?
  4. トレーニング

    トレーニングルーティンについて
  5. サプリメント

    BCAAについて
PAGE TOP