トレーニング

ウエイトトレーニングを行う 最適な時間帯について

皆さんは、何時頃にウエイトトレーニングを行いますか?仕事終わりや出勤前など様々な方がおられると思いますが本当はどの時間帯がウエイトトレーニングを行うのに適しているのでしょうか。
神経の話を交えながら3つまとめていきます。

1・交感神経と副交感神経
2・ウエイトトレーニングに最適な時間帯
3・ウエイトトレーニングに不最適な時間帯

1・交感神経と副交感神経

24_2_02

自分の意思ではコントロールが不可能であり交感神経と副交感神経
は自律神経の事を指します。
この交感神経と副交感神経こそがトレーニングを行うタイミングと密接な関係があります。

交感神経というのは心臓の拍動数は増え体が活発に活動させる神経です。交感神経は「闘争と逃走の神経」とも呼ばれています。

つまり体を活発に動かしている運動時などは交感神経が優位に働いているということになります。

神経伝達物質であるアドレナリンやオルアドレナリンがあり、これらが受容体に作用し血圧は上昇し瞳孔が開きます。
この受容体というのがα受容体とβ受容体となります。副交感神経は交感神経とは逆に作用しリラックスしている時や睡眠時など優位に働きます。

また、消化機能なども活発になります。神経伝達物質のアセチルコリンにより興奮します。
アセチルコリンが作用する受容体をムスカリン受容体といいます。

2・ウエイトトレーニングに最適な時間帯

交感神経が活発な時間帯というのが夕方と言われています。
この交感神経が活発に働いている時にウエイトトレーニングを行うと筋肉機能を始めとする酸素消費量や肺活量がピークになります。

また、筋肉の発達に関わる運動時の成長ホルモンの分泌が大きいとされているのは夕方というのが近年の研究で明らかになりました。

3・ウエイトトレーニングに不最適な時間帯

早朝は、副交感神経が優位であり体温や心拍数も低いのでハードにウエイトトレーニングを行うと心臓に負担がかかります。

また、体のエネルギーが少ないためパワーも出にくいです。早朝に加え就寝直前などは交感神経が活発になるために寝つきが悪くなり睡眠の質の低下を招きます。

疲労の原因にもなります。
また、食事直後から2時間は食べ物を消化するために胃腸に血液がいきますが、ウエイトトレーニングなどを行うことにより血液が胃腸に行き届かなくなり消化不良につながるのでトレーニングは避けた方がいいです。

最後に、ウエイトトレーニングを行う時間帯によってこんなに効果が違うということを知らなかった方は多いのではないでしょうか?
しかしながら、仕事などが忙しくなかなか思った通りの時間にウエイトトレーニングはできない方も多々おられると思いますが無理をせず自分にあったトレーニング時間を見つけるのも大切だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. サプリメント

    プロテインの種類と効果

    ウエイトトレーニングにおいて欠かすことのできない存在であるプロテインで…

  2. トレーニング

    スロートレーニングの効果と方法

    様々なトレーニング方法がある中で『スロートレーニング』というものがあり…

  3. トレーニング

    環境に応じた身体になる

    人間は非常に優秀な生き物です。動物や昆虫は進化の過程でその環境に適した…

  4. トレーニング

    背中に効かせることができない!

    背中のトレーニングで、背中に効かせられない方が多くいます。背中の筋肉を…

  5. トレーニング

    オールアウトの概念

    オールアウトを最速で!筋肥大を目的とした時に最も重要なことは、「オ…

  6. トレーニング

    レップスのスピードは何秒が正しい?

    ゆっくり上げたり、早く上げたり、ゆっくり引いたり、早く引いたり、一体ど…

最近の記事

facebook

  1. サプリメント

    アルギニンの効果ついて
  2. トレーニング

    マンネリ化したウエイトトレーニングは禁物!
  3. ブログ

    ダイエットに適した季節とは?
  4. ブログ

    「疲れが抜けない」は危険信号?
  5. トレーニング

    バランスが悪い筋肉の正し方
PAGE TOP