トレーニング

ミトコンドリアでダイエット?

「ミトコンドリア」をご存知でしょうか?多分言葉は聞いたことはあるのではないでしょうか?そら豆のような形で、真核細胞を持つ生物の細胞には必ずこの「ミトコンドリア」が存在します。主に生命維持や運動などを行うときに使われるエネルギーATPを作り出したり、細胞をアポトーシス(プログラム死)させたりします。

ミトコンドリアは、筋肉の中にも存在します。運動をすることにより、増殖する性質があり、運動エネルギーが増えます。

運動してない人が、運動をするようになったとき、最初は辛い運動が、段々楽に行えるようになるのは、このミトコンドリアの増殖により運動エネルギーが増えたためです。

ミトコンドリアが活性すると、脂肪や糖の代謝も盛んになります。これにより、肥満の予防や生活習慣病予防、ダイエットなどにつながります。

このミトコンドリアの量に年齢差や増殖差はあるのでしょうか?そして、ミトコンドリアは何でできているのでしょうか?

ほとんどの細胞の中に存在するミトコンドリアは年齢とともに少なくなることがわかっています。老化の原因はミトコンドリアの減少によるもので、ミトコンドリアが活性し、増殖していれば老化防止にもなるということです。

ミトコンドリア自体、ケイ素(Si)でできています。運動することにより、ミトコンドリアを増やそうとしてもケイ素不足により増殖されないと本末転倒です。

ドイツではサプリメントでケイ素は人気、売上が1番です。日本ではあまり馴染みがないと思いますが、ケイ素は必須栄養素として世界的に認知されています。人間の1番の健康法は、ミトコンドリアを増やすこととも言われています。

ミトコンドリアを増やす方法

1・睡眠をよくとる
→睡眠中は脳のATPの生産能力が上がることがラットの研究でわかっています。寝て起きると、疲れが取れるようなことありませんか?これは寝ている間にミトコンドリアが分裂・増殖を繰り返し行い、エネルギーを充電しているからなのです。

2・運動をする
→ここでの運動は軽めの運動になります。強度の強い運動ではなく、喋りながらできるくらいの強度で行う運動です。主に有酸素運動になります。持久筋を鍛えるようにしましょう。

3・空腹を感じる
→空腹感を作ることによりミトコンドリアは増殖します。赤毛サルを用いた大規模実験でカロリーを制限すると寿命が伸びることが2009年論文で紹介され注目されました。70%にカロリー制限したサルには白髪やしわがなく、体毛も抜けない事実が認められました。カロリーを制限することにより、ミトコンドリアが活性・増殖したことにより老化の防止も認められたことになります。

4・寒さを感じる
→ここでの寒さを感じるは、水風呂などのことを指しています。急激に寒さを感じる状態を作ることにより、ミトコンドリアが体温を上げようと増殖するのです。(急な水風呂などには気をつけて下さい)

このようなことを行い、しっかりと必須栄養素のケイ素をとる。このことによりミトコンドリは増え、太りにくく若々しい健康的な体になります。サプリメントでケイ素自体にあまり馴染みがないとは思いますが、このケイ素は身体作りには非常に重要なサプリメントです。

筋肉は脳からの信号によって合成されますが、この信号を送っている脳下垂体もケイ素でできています。身体の隅々まで栄養を運ぶのもケイ素です。

ミトコンドリアもケイ素ということを考えると非常に重要ということがわかったと思います。ケイ素について詳しくはこちらを参照ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. サプリメント

    クレアチンとクレアルカリンの違いについて

    ウエイトトレーニングを行う方の中にはクレアチンを摂取している方も多いと…

  2. トレーニング

    飲酒・喫煙が筋肉にもたらす影響

    飲酒、喫煙は一般的には健康にはよくありませんが、筋肉に対しては…

  3. サプリメント

    クレアチンの正しい摂取方法

    以前も紹介しましたクレアチンですが、飲み方などを新たにアップデートしま…

  4. トレーニング

    ストレスと筋肉の関係性

    現代社会においてストレスは付き物だと思いますが、筋肉にはどのような影響…

  5. ブログ

    「疲れが抜けない」は危険信号?

    体の不調、食欲不振、慢性的だるさなど、季節の変わり目や環境が変わったと…

  6. ブログ

    腹筋運動だけではお腹は凹まない

    腹筋運動やダイエットを行っても下っ腹がぽっこりとして凹まない方がいらっ…

最近の記事

facebook

  1. トレーニング

    理想的なトレーニング時間
  2. トレーニング

    トレーニングルーティンについて
  3. トレーニング

    基本的なトレーニングの重要性
  4. トレーニング

    肩のトレーニング
  5. トレーニング

    たくさん食べないと大きくなれないのか?
PAGE TOP