サプリメント

クレアチンとクレアルカリンの違いについて

ウエイトトレーニングを行う方の中にはクレアチンを摂取している方も多いと思いますが、クレアチンとは一体どのような物質なのでしょうか。また、クレアチンとクレアルカリンはどのような関係性なのでしょうか。

今回は、クレアチンとクレアルカリンの違いについて触れていこうと思います。

1・クレアチンとは何か?

171106_10_02

体内にクレアチンを摂取すると、クレアチンがリン酸化され、クレアチンリン酸に変化します。
ウエイトトレーニングにおいても、私生活においても、ヒトのエネルギー源の中の一つに『ATP』というものがあります。
この『ATP』を筋肉中に貯蔵するために必要になってくるのが、クレアチンリン酸ということになるのです。

そしてクレアチンリン酸の代謝産物(老廃物)の一つであるクレアチニンができ尿で排泄されます。

つまり、クレアチンを摂取すると 『ATP』を貯蔵するために必要である『クレアチンリン酸』が生成され、ウエイトトレーニングなどよりエネルギーを消費する運動中であっても『ATP』を筋肉中に貯蔵することが出来るのです。
171106_10_03

クレアチンを摂取せずにウエイトトレーニングを行うよりもクレアチンを摂取し行った方がATPをより作り出すことが可能になるため最大拳上重量やレップ数などの向上につながります。

筋肥大の促進にも効果的とも言われています。

クレアチン摂取において10秒以内の瞬発的な運動では主にクレアチンリン酸がエネルギー源になるのでパワーリフターなどの競技を行う人にとって非常にクレアチン摂取は重要です。

クレアチンはエネルギー源の一つと述べましたが、皆さんもご存知のカーボ(炭水化物)や脂肪があります。

ボディビルトレーニングなどの無酸素運動などは炭水化物が重要になってくるということになります。

2・クレアルカリンとは何か?

171106_10_04

クレアルカリンというのは、クレアチンと成分的には同じであり、水溶性と不要物質にも変化されにくいという2つの大きな違いがあります。

水溶性というのはつまり水に溶けやすいということであり、クレアチンのサプリメントで一般的であるモノハイドレードタイプは、水溶性に欠けているという点が挙げられます。

反面、クレアルカリンは水溶性に富んでいるので、吸収率はクレアチンよりもクレアルカリンの方がいいのです。

また、クレアチンとは違いローディングも不要です。

簡単に言えば、吸収を考えてつくられたクレアチンサプリメントと言えるでしょう。

3・クレアチンとクレアルカリンどっちがいいの?

クレアチンのモノハイドレードタイプのサプリメントの効果を研究している論文は数多くありますが、クレアルカリンについて記述された論文はほとんどないです。

しかし、クレアチンは水に溶けづらく飲みづらいのは確かです。それに比べてクレアルカリンは、ローディングも不要なので摂取自体が楽に行えます。

なので、個人的にはクレアルカリンの摂取をオススメします。
ですが、クレアチンでも効果はあるので絶対にクレアルカリンを飲んだほうがいいという訳ではありません。

なお、クレアチンの正しい摂取方法はこちらで解説しています。 → クレアチンの正しい摂取方法

参考文献:http://www.dnszone.jp/magazine/2013/1101-119.php

 

PR————————————————————PR
著者が敬愛してやまないリッチの5% nutritionの日本のショップさんが、5%サプリメントの個人輸入代行サービスを始めたようです。

アプリをダウンロードして、フォローすると、【期間限定の10%オフクーポン】や詳細なお知らせが配布されるようです。

ご興味のある方は、ぜひ確認してみてください♪

→ アプリのダウンロードはこちら

※アプリのダウンロードは上記ページの最下部にあるようです。
————————————————————

サプリセールバナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. サプリメント

    ミオスタチンを抑制することの重要性

    理想の筋肉を手に入れるために栄養面やトレーニング内容は重要な要素です。…

  2. ブログ

    腹筋運動だけではお腹は凹まない

    腹筋運動やダイエットを行っても下っ腹がぽっこりとして凹まない方がいらっ…

  3. ブログ

    「疲れが抜けない」は危険信号?

    体の不調、食欲不振、慢性的だるさなど、季節の変わり目や環境が変わったと…

  4. ブログ

    日本初上陸のジム「WeWork」とは?

    ウエイトトレーニングを行う方はスポーツジムに必ずと言っていいほど通うと…

  5. トレーニング

    ミトコンドリアでダイエット?

    「ミトコンドリア」をご存知でしょうか?多分言葉は聞いたことはあるのでは…

  6. トレーニング

    高炭水化物ダイエットについて

    昨今、メディアなどでは、様々なダイエット法を紹介しています。…

最近の記事

facebook

  1. トレーニング

    正しいトレーニング方法は解剖学
  2. サプリメント

    HMBの真実
  3. トレーニング

    コンパウンド種目と アイソレーション種目の違い
  4. トレーニング

    ドロップセット法について
  5. 筋肉理論

    筋膜リリース
PAGE TOP