ブログ

日本初上陸のジム「WeWork」とは?

ウエイトトレーニングを行う方はスポーツジムに必ずと言っていいほど通うと思いますが、皆さんはどのようなジムに行っていますか?
今回はまだ日本ではない新しいジムをご紹介していこうと思います。

1・WeWorkとはどのような企業・ジムなのか?

16_02

We Workアメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨークに本社を置き2011年2月に設立された企業です。設立から6年弱しか経過していない企業にもかかわらず2016年3月には160億ドルの企業価値にまで登り詰め、2017年に入り日本企業の代名詞とも言える『ソフトバンクグループ』と合併し新たに『WeWork Japan』を設立しました。

2017年8月にソフトバンクグループとソフトバンク・ビジョン・ファンドから44億円出資を受け、「WeWork」はフィットネス業界参入し、ジム1号店をマンハッタンにオープンしました。

また主な具体的な事業内容は、世界15カ国49都市に155ヶ所以上の拠点があり、13万人以上のビジネスマンに対してワーキングスペースやコミュニティを提供しています。

2・WeWorkジムの設備や環境について

16_03

全体的なジム内の雰囲気としては、ピンクや黒を基調にしていて床はフローリングのようにウッド感を醸し出していて日本のジムではあまり見かけないようなデザインです。

16_04

トレーニングスペースである『ターフ(Turf)』には、基本的にジムに置いてあるパワーラックやスミスマシンに加えダンベル、インクラインベンチまであります。また、カイザーというメーカーのファンクショントレーナーというマシンもあります。これは、ケーブルが自由に動き様々なトレーニングに対応した優れたトレーニングマシンです。
その他のマシンも、カイザー製のマシンが多いようです。

ジムを見た感想は、ハードなトレーニングを行う方には少し物足りないというのが正直な感想です。

16_05

そして、ローイングマシンやランニングマシンを使用するクラスであるスタジオの『Flight Studio』があります。

16_06

ヨガスタジオもあります。

16_07

武術やキックボクシングなどを行うことができる『ファイトスタジオ』もあります。

16_08

16_09

16_10

その他の設備としては『スーパースパ』には温水ミネラルプールやシャワーがあります。サウナは別料金です。休憩スペースやカフェもありリラックスすることができます。

営業時間は、平日6時〜22時。土日9時〜18時と少し早い気がしますが、日本のジムではどうなるかはまだ分かりません。

最後に、日本のジムに「WeWork」がマッチするかは別として、フィットネス業界の活性になることは間違い無いでしょう!
日本初上陸のジムなので楽しみです。今後日本のオフィス街で「WeWork」を見かけることが多くなると思います。仕事しながらワークアウトを行える新しいジムの誕生。今から楽しみです。

http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=https%3A%2F%2Fwww.dezeen.com%2F2017%2F10%2F15%2Frise-by-we-work-first-gym-financial-district-new-york%2F&wb_lp=ENJA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ブログ

    歴史上最強の遺伝子を持ったボディビルダー

    先ずはこの2つの写真を見ていただきたい。2人共に世界のトップビルダーで…

  2. ブログ

    寒さに強い人、弱い人

    寒さに強い人と弱い人がいます。欧米人は冬でもTシャツ一枚なんて人もいま…

  3. トレーニング

    まだまだ信じられている!ダイエット&トレーニング都市伝説

    巷には多くの減量方法が存在します。しかしこれらは嘘の場合があります。ト…

  4. ブログ

    「汗は毒素を出す」は嘘!

    巷では、汗を掻く事で健康になる的な内容の広告などをよく目にしますが、汗…

  5. サプリメント

    アルギニンの効果ついて

    最近では、アルギニン配合の市販のエナジードリンクやサプリメントなどにも…

  6. ブログ

    「疲れが抜けない」は危険信号?

    体の不調、食欲不振、慢性的だるさなど、季節の変わり目や環境が変わったと…

最近の記事

facebook

  1. サプリメント

    カフェインはトレーニングにおいて重要な栄養素
  2. トレーニング

    有酸素運動の嘘
  3. サプリメント

    ステロイドユーザーとナチュラルの見極め方
  4. トレーニング

    基本的なトレーニングの重要性
  5. 筋肉理論

    筋膜リリース
PAGE TOP