トレーニング

エビデンスは信用できない!?

トレーニング方法や筋肥大の研究などで多くのデータをまとめ、仮説を立てて実際に実験を行い説を立証する。説が本当に正しいかの裏付のデータもとり論文として発表する。ざっくりではありますがこれが筋トレにおけるエビデンスの取り方です。

例えば、インターバルの時間のエビデンスでは筋肥大、筋力アップに適した分数は3分以上という結果があります。しかし多くのボディビルダーは1分くらいのインターバルが丁度いいと言っています。

なぜでしょう?

説は立証されているはずですし、それでも1分で行う理由は?
ボディビルダーがこのエビデンスを知らないかもしれない?

いや、知った上で1分のインターバルでトレを行っています。
理由は簡単です。1分で行うことにより結果が出るからです!
自身の身体での体感から1分で行っているのです。

40_02

筋肉の研究をしているある日本人(有名な方です)から聞いた話ですが、一般人に対しての研究としてインターバルは3分くらいがいいと言っているわけで、この研究データはボディビルダーには当てはまらないそうです。

必要以上に筋肉をつけるボディビルダーには筋肥大などのエビデンスのやり方では結果が出ません。
必要以上に身体にストレスを与えて筋肥大させるためです。

通常の研究での被験者(実験に参加する人間)は安全なやり方で実験に参加します。決して生命の危機になるような状況でありません。
命が危ないような実験は行えないのが研究でもあります。

実際に筋肉の研究をされている大学の教授などもこの点に関して「ボディビルダーのような筋肥大の研究は大学の実験では無理です。なぜなら普通の人がボディビルダーのトレーニングを行うこと自体が危険だからです。」と言っています。加えて「ボディビルダーの身体になりたいのならボディビルダー自身がエビデンスです。」とも答えています。
未だにわかっていない事が多くあるのです。

40_03

日本で有名なボディビルダーで合戸選手がいます。この方は50歳を過ぎても未だに第一線でご活躍されています。トレーニング自体もハードで有名です。
「なぜ50を過ぎてもこのような肉体を維持できるのか?」
この謎を解くには合戸選手と同じトレーニングを行う必要があります。
しかし、普通の人が合戸選手と同じトレーニングを行うと死んでしまいます。
それくらいハードなトレーニングです。

合戸選手の肉体は本人がエビデンスなのです!

もし、憧れの肉体を持った選手がいるのであれば、その選手と同じようなトレーニングを行うことがいいのではないでしょうか?
その選手のトレーニングこそが、その肉体を作ったエビデンスなのです。

真のエビデンスはその選手の肉体でしかありません。

真似することで憧れの身体に近づけるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. トレーニング

    環境に応じた身体になる

    人間は非常に優秀な生き物です。動物や昆虫は進化の過程でその環境に適した…

  2. トレーニング

    バランスが悪い筋肉の正し方

    例えば、大胸筋で左右の大きさが違ったり肩の形が左右で微妙に異なっていた…

  3. トレーニング

    筋トレで背中・広背筋を広くする方法

    普通に生活する上で広い背中なんて正直必要はないですが、男性は憧れるので…

  4. トレーニング

    筋トレ用トレーニングシューズの選び方

    皆さんはトレーニングの時、どのようなシューズを履いていますか?実はシュ…

  5. トレーニング

    トレーニングルーティーン

    ウエイトトレーニング行っている皆さんは、週に何回のオフを入れますか?オ…

  6. トレーニング

    背中が広がるトレーニング方法

    背中の筋肉は他の部位の筋肉に比べて、様々な筋肉があります。なので、たく…

最近の記事

facebook

  1. トレーニング

    プロボディビルダーはトレーニングが下手?
  2. サプリメント

    サプリメントの摂取基準
  3. トレーニング

    上腕二頭筋(力こぶ)を大きくするトレーニング方法
  4. ブログ

    ジェレミーブエンディア2018年で現役引退
  5. トレーニング

    筋トレで背中・広背筋を広くする方法
PAGE TOP